当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

買ってよかった植物ベスト5‼︎【2021年秋冬編】魅力溢れる秋冬の植物をご紹介!

ガーデニング

この記事では、買ってよかった植物ベスト5!【2021年秋冬編】をお届けします。

秋もガーデニングが楽しい季節。ついついたくさんの植物を買ってしまいます。

どれもこれも気に入っている植物ばかりですが、その中でも特に気に入っている植物たちをご紹介します。

「秋冬のガーデニングを楽しみたいけど、どんな植物を選べば良いのか分からない・・・」そんな方の参考になれば嬉しいです。

それでは、よろしくお願いします!

スポンサーリンク

第5位 ドレスのようなパンジー

第5位はサトウ園芸さんのパンジー、ローブ・ドゥ・アントワネットです。

サトウ園芸 ローブ・ドゥ・アントワネット
ローブ・ドゥ・アントワネット

超フリフリのパンジーです。

まるでドレスを着ているようで、名前のとおり王妃マリーアントワネットを連想させます。

パステル調の優しい色合いで、少し儚げで弱そうにも見えますがそれもまたかわいい・・・。

我が家では1株を1つの鉢に植えて大切に育てています。

第4位 冬の花壇を彩る人気のお花

第4位は八重咲きストックです。

八重咲きのストック
八重咲きのストック

春のお花の印象があるストックですが、秋冬の花壇でも大活躍。冬の花壇を華やかに彩ってくれます。

我が家のストックはいちど花壇に植えてからはずっと放置しています。それでも長くキレイに咲き続けてくれます。育てやすく花持ちも良い優秀なお花です。

ストック 花壇
花壇を彩ってくれているストック。

さすがに霜にあたるのは良くないですが、耐寒性もあり冬の花壇で大活躍してくれます。

種類も豊富で失敗もしづらいので、初心者の方にもおすすめです。

濃いピンクもあれば、ナチュラルな色合いの優しいピンクもあります。

また、切り花としても楽しめるようです。切るのがもったいなくてなかなか挑戦できていませんが…笑

第3位 アンティーク風ビオラの最高峰

第3位はサトウ園芸さんのビオラ、ヌーヴェルヴァーグです。

サトウ園芸 ヌーヴェルヴァーグ
ヌーヴェルヴァーグ

もともとパンジーよりもビオラが好きなので、ヌーヴェルヴァーグを第3位としました。

ヌーヴェルヴァーグは「新しい波」という意味だそうです。

アンティークな色合いで、大人っぽさも演出してくれます。

しかも、花色が100種類以上もあります。

恐るべきヌーヴェルヴァーグ…。

サトウ園芸 ヌーヴェルヴァーグ

時計をモチーフとした鉢に植え、アンティークな雰囲気を全面に押し出して楽しんでいます。


第2位 最強のカラーリーフ

第2位はハルディンさんのヒューケラです。

ヒューケラ
ハルディンさんのヒューケラ

鮮やかな色で花壇を彩ってくれています。

もともとヒューケラに興味はなかったんですが、一度買ってからはすっかりハマっています。

特に北側の花壇を劇的に変えてくれ、日陰花壇の救世主となってくれました。

北側の花壇を彩ってくれるヒューケラ

圧倒的な種類の豊富さを誇るヒューケラ。

我が家ではまだ5株くらいしか植えていないので、もっともっといろいろなヒューケラを楽しんでいきたいと思います。

https://shiro-youbi.com/gardeningーheucera-osusume/

第1位 圧倒的なゴージャスさを誇るパンジー

第1位はサトウ園芸さんのパンジードラキュラです。

サトウ園芸 ドラキュラ
佐藤園芸さんのパンジー、ドラキュラ

毎朝様子を見に行き、写真を撮るほどです気に入っているパンジーです。

「パンジーよりもビオラのほうが好き」と言ったばかりですが、そんな固定概念を吹っ飛ばしてしまうほどの破壊力!笑

魅力はなんといっても、そのゴージャスさです。

覆輪(ピコティ)と呼ばれる白い縁取りがキレイで、花のかたちがくっきりと浮き上がります。

覆輪があることで、色のコントラストも楽しむことができます。

花がらでさえ、かっこよく見えてしまうという衝撃…。

本当に凄いお花と出逢ってしまいました。

自信をもっておすすめできるお花です。


まとめ

ということで、『買ってよかった植物ベスト5‼︎【2021年秋冬編】』を紹介しました。

振り返ってみてもやっぱりサトウ園芸さんのお花が強く印象に残ってます。

買ったお花はどれも甲乙つけがたく、どれもステキです。

それでもやっぱりサトウ園芸さんのお花はすごい‼︎

お店で出逢えたら、思いきって買ってみてください。きっと後悔はしないはずです!

ガーデニングは奥が深くて、ほんと楽しいですね。

この記事がみなさんのガーデニングライフを豊かにする助けになれば嬉しいです。

それでは、また!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました